危険なキイロスズメバチはすぐに駆除|安全な暮らしを守る方法

屋根裏等に棲みつきます

蜂の巣

アライグマやハクビシンなどの害獣が住宅に棲みつくと、糞尿などの影響で木材を腐食させてしまう可能性があります。そのため、できるだけ早い段階で駆除してしまうのが最適です。専門の業者に依頼をすれば、駆除後の清掃や消毒まで行なってくれます。

もっと知ろう

糞尿公害が発生します

鳩

害獣と呼ばれているハクビシンが、家の屋根裏に棲みついてしまうと、糞尿被害にあったり衛生的によくありません。また、放置すると被害は悪化するばかりなので、気づいた時点で早めに駆除していくことが好ましいです。ハクビシン駆除を専門に行なっている業者にお願いしてみるのも良いでしょう。

もっと知ろう

雑食で悪影響の多い動物

ハト

ハクビシンはジャコウネコの仲間で人の家に住みついたり、畑の作物を荒らしたり、電線をかじったりする害獣の一つです。しかし、天然記念物のためハクビシン駆除は自治体の許可が必要になる場合が有る厄介な動物です。

もっと知ろう

黄色いスズメバチも危険

スズメバチ

攻撃性が高いので要注意

キイロスズメバチは、攻撃性が高いので危険度が高いハチといわれています。キイロと名前につくだけあって、体には黄色の毛が生えているので見てすぐにキイロスズメバチだと分かると思います。攻撃性が高いハチは、人間側が何かをしなくても近くにいるだけで攻撃してくる可能性が高いです。家の周りに富んでいた場合はどこかに巣があるので、刺される被害が出る前に駆除を行う必要があります。自分でスプレーを買ってきて駆除を行うことも可能ですが、攻撃性の高さから素人が行うと危険なので、専門の駆除業者に頼む方が安全で的確だと思います。巣は人間の都合など関係ないので、いろんな場所に作られます。人がよく通る場所に作ることもありますが、駆除業者に頼めば周辺の人への配慮もしてくれます。

巣も特徴的な模様

キイロスズメバチはその体の色も特徴的ですが、巣にも特徴があります。巣は貝殻が何枚か重なったような縞の模様になっていて、そのような模様である場合は近づかない方が良いです。キイロスズメバチは攻撃性が高いので、近づくだけで刺してきます。ハチの巣は大きくてすごいと感じるものなので興味があるのは分かりますが、近づくことや眺めているのは危険行為です。駆除は業者に頼むと高くなるので自分でスプレーを使って行おうという人もいるとは思いますが、駆除の際には防護服が必要になります。なによりとても危険なので、専門の駆除業者に頼むと的確に駆除できる上に安全です。費用は業者により異なるので、費用だけでなく評判も調べてから頼む業者を決めると良いと思います。