危険なキイロスズメバチはすぐに駆除|安全な暮らしを守る方法

雑食で悪影響の多い動物

ハト

小さくても厄介な害獣

ハクビシンとはジャコウネコの仲間の動物で、鼻に白い筋があるのが特徴の小動物です。ハクビシンは田舎にしかいないというイメージも強いですが、山や森などが開発されたため住むところが無くなり、人里に下りてきて住宅地でよく目撃されていることの多い動物です。野生のハクビシンは木の実や鳥の卵を食べて暮らしていますが、住宅地に下りてきたものは家の屋根裏に住み着いて糞や騒音の影響を与えたり、畑の野菜を荒らしたり、家畜を襲ったりすることの多い害獣として指定されています。しかし、ハクビシンは自治体によっては天然記念物に指定されている場合もあり、ハクビシン駆除は許可された業者でないとしてはいけないことになっている場合もあるのが特徴です。

悪影響と駆除の方法

ハクビシンは天井裏に住み着くと、糞や尿で天井を荒らし、悪臭だけでなく、水分で天井が腐って落ちてしまうこともある厄介な害獣です。雑食性でなんでも口にし、電線をかじられて停電になったという報告もありますので、心当たりのある人は早めに自治体に報告し、ハクビシン駆除専門業者に依頼するのが賢明です。また、ハクビシンの糞に病原菌や細菌や蛆虫などが含まれていて、うっかり触ると健康に悪影響が出る場合もあるので、専用のハクビシン駆除業者にお願いして適切な処理を頼むのが有効な手段です。もしハクビシンを見かけても、家や畑に実害がないと駆除できないという性質があるので、本当に犯人がハクビシンなのかを見極める必要があり、ハクビシン駆除にしてもらうこともできます。