危険なキイロスズメバチはすぐに駆除|安全な暮らしを守る方法

糞尿公害が発生します

鳩

猫程の大きさの野生動物

最近、ハクビシンという野生動物が、屋根裏に棲みつくという話をよく聞くようになりました。ハクビシンは猫程の大きさで、頭頂部から鼻にかけて白い筋が入っているのが特徴のジャコウネコ科に属する野生動物です。本来は、山中でひっそりとくらしているのですが、自然開発の影響からか、民家があるところまでやってくるようになりました。そして、電線等を伝って屋根に上り、屋根裏に侵入し巣を作って棲みついてしまうのです。ハクビシンは、私たちに直接危害を加えるということはありませんが、糞尿公害が発生します。それも屋根裏で発生しますから、悪臭が出ますし、ノミやダニが発生することも考えられます。ですから、屋根裏に侵入できるような隙間は塞いでおくことが重要です。

ハクビシンが棲みついたら

夜になると屋根裏で物音がしたり、天井に黒いシミができてきたり、悪臭があるようでしたら、何か野生動物が屋根裏に潜んでいる可能性があります。そして、それがハクビシンだったら、ハクビシン駆除を考えなければなりません。ハクビシンは野生動物ですから、許可なく駆除することはできません。そのためには、有害鳥獣の駆除申請が必要となり、許可が下りるには数週間かかるのです。ですから、ハクビシン駆除ができる害獣駆除業者を探して、ハクビシン駆除をお願いした方が話は早いのです。害獣駆除業者ならば、ハクビシン駆除のノウハウを持っていますし、再び侵入されないように、侵入口を見つけ出し塞いでくれますから、安心して任せることができるのです。