危険なキイロスズメバチはすぐに駆除|安全な暮らしを守る方法

屋根裏等に棲みつきます

蜂の巣

各地でトラブルが発生

自然界に棲んでいる野生動物が、私たち人間の生活圏に出没し、多くのトラブルが発生しています。イノシシやニホンザル、そしてシカ等による農作物の被害は有名ですが、最近ではアライグマやハクビシンといった、あまりお目にかかれないような野生動物による被害も出ているのです。アライグマは、海外からペットとして輸入された個体が自然界に放たれて、野生化した動物で、特定外来種に指定されています。一方のハクビシンについては、日本在来種なのか、外来種なのか分かっていないのが現状です。ですから、特定外来種には指定されていません。アライグマやハクビシンは、住宅の屋根裏等に棲みついてしまい、各地でトラブルが発生しているのです。その結果、アライグマやハクビシン駆除を行う業者が誕生しました。

屋根が腐ってしまうことも

ハクビシンが屋根裏に棲みつくと、屋根が腐ってしまうこともあります。ハクビシンは、屋根裏に敷き詰められた断熱材を巣にして、周囲に糞尿を排泄します。当然、糞尿から悪臭が発生しますし、屋根に用いられている木材の腐食の原因にもなるのです。ですから、ハクビシンが屋根裏に棲みついた場合、ハクビシン駆除が必要になります。ただし、ハクビシンは特定外来種ではありませんから、勝手にハクビシン駆除を行うと、鳥獣保護法に違反したことになります。ですから、専門でハクビシン駆除を実施してくれる害獣駆除業者に駆除を依頼した方が得策です。また害獣駆除業者なら、ハクビシン駆除を行った後の清掃や消毒等の処理も行ってくれますから安心です。